nesheep5's blog

子持ちWebエンジニアのブログ。プログラミング・仕事効率化・健康・子育て etc...

家族にむけてリビングLTをやってみました

先日「リビングLT」と称し、自宅のリビングで家族に向けて家計改善のLTをしてみました。
チームビルディングやプレゼン資料の作り方など、仕事上のスキルをうまく使いながらやってみたところ、 手応えがあり家族にもなかなか好評だったのでまとめてみます。
(ちなみに妻は非エンジニアで、電化製品は何もしてないのに動かなくなってしまいがちなタイプの人です。)

f:id:nesheep5:20190817115435j:plain

モチベーション

家庭の問題点を改善したかった

以前から家計について課題感はあったものの、気をつけなきゃねーで終わってしまっていました。
しっかりと問題と向き合って解決するためのアクションを打つためには

  • 現状分析(問題の根拠)
  • 理想の状態
  • 理想と現実のギャップ
  • ギャップを埋める具体的なアクション

を整理して、筋道を立てて共有しないと解決できないなと思い、それならいっそLT形式にしてみようかなと思い立ちました。

問題解決を家族で楽しみたかった

子供はまだ小さくお金を使うのは僕か妻のどちらか。
普通に話すと間違いなく "どちらのせいか?" と対立構造になってしまうのが想像でき、それは避けたいと思いました。
LT形式にして、問題を客観的に分析・アクションの提案をすることで、 "問題に立ち向かうチーム" 感を出してみました。
シリアスな感じにせず、誰かのせいにもせず、問題解決を家族でワイワイ楽しめたらいいなと考えました。

妻にスライドの作り方を教えたかった

専業主婦の妻が、最近マクロビやファスティングなど食に関する講師になることを目指しており、スライドでセミナー資料をつくることに苦心していました。
(Web系のエンジニアは)こんな感じでスライド作ってるんだよ、というのを見せて少しでも参考になればいいなと思いやってみました。

楽しくカイゼンする姿を子供に見せたかった

上の子が4歳になり、いろんなことをものすごい勢いで吸収しているので、なんにでも応用できる「カイゼン」を家庭の中で学べたらいいなと思いました。
パパとママが面白そうなことやってるな、課題の解決ってなんだか楽しいんだなー、と思ってくれたら成功。

TVにスライドを映す方法

Amazon Fire TV Stick × MacBook (AirPlay)

LT感を出すにはリビングのTVにスライドを映したい。
なるべく余計なものを購入せず、家にあるものでやるにはどうしたらいいかなと検討してみました。
その結果、すでに持っている「Amazon Fire TV Stick」に「AirReceiver」というアプリを入れ、MacBookからAirPlay経由でTVに出力することができました。

下記の記事がよくまとまっていたので、参考にしてみてください。5~10分あればできます。 ischool.co.jp

スライドの作り方

Googleスライドを利用

時間をかけずシンプルにスライドを作りたかったこと、妻との共有が簡単なこと、などからGoogleスライドを利用しました。 www.google.com

スマホで十分作れる

公式のiPhoneアプリがあり、通勤電車内でサクッと作ることができました。

Googleスライド

Googleスライド

  • Google LLC
  • 仕事効率化
  • 無料
apps.apple.com

最初は必ずテキストで

スライド作成の基本ですが、必ず先にテキストで内容を整理することにしています。
いきなりスライドに手を付けてしまうと、レイアウトやフォントなど本質でないデザイン的な部分ばかりに時間が溶けてしまいます。(昔はよく陥ってました、、、)
普段からEvernoteを使ってテキストをまとめています。 f:id:nesheep5:20190818042201p:plain

あとは以下のことに気をつけながら、なるべくシンプルにつくることを心がけました。

  • 1スライド1テーマ
  • 余白を残す
  • デザインに凝らない
  • 時間をかけない
  • ストーリーを意識する

    • 現状分析(問題の根拠)
    • 理想の状態
    • 理想と現実のギャップ
    • ギャップを埋める具体的なアクション

出来上がったスライドはこちら。(具体的な数字は伏せています)

どうだったか

面白がってくれた

妻も子供も、面白がってきいてくれました。
シリアスにならず楽しく問題解決する、という点はクリアできました。

これからやるべきことのイメージが合わせられた

グラフを用いた現状分析のおかげで、ぼんやりだった課題感がしっかり伝わったようでした。 どうしていいか分からなかったのが、具体的なアクションに落とし込んだおかげで行動に移せるようになりました。

こんなの作れてすごいね、と褒められた

「こんなのサラッとつくれてすごいね!」と、妻からの尊敬ポイントがちょびっと上がりました。笑
妻や子供からすると、エンジニアのパパが普段どんな仕事をしているのか想像ついていないので 「パパはお仕事でこんなの作ったりするんだよ」というのが示せてよかったです。

子供が飛び入りLTしてくれた

4歳息子が、ぼくも発表する!と前に出てきて
「星座の絵本と、クワガタムシとカブトムシの絵本を作ります!」
と宣言してくれました。笑
ちょっとでも興味を持ってくれたようなので良かったです。 f:id:nesheep5:20190818051452p:plain

リビングLTはおすすめ!

家庭の問題を、LT形式で楽しくカイゼンしていくことができました。
思った以上に良い手応えがあったので、ぜひ皆さんも試してみてください!